TOKYO GINZA  SINCE 1 9 9 4
T R T GOLF SCHOOL
Think of  Real Theory Golf  School


代表講師のご紹介


T R T  ゴ ル フ ス ク ー ル
校   長  内  田 瑞  夫
M I Z U O U C H I D A


公益社団法人
日本プロゴルフ協会
(会員No.00146)

トーナメントプロ
ティーチングプロ A 級

コ メ ン ト
〜 刷新 〜

ゴルフはひとたび始まるとかなりの確率で虜になってしまう魅力的なスポーツです。

面白いので少しでも上手になりたくて皆さん練習に励みます。

しかし、頑張っても頑張っても駄目で途方に暮れることもしばしば。

幾らやっても出来なければさぞかし落ち込むだろうと思いきや「楽しめれば下手のままでも構わない」との、上達放棄とも取れる拗(ねじ)けた感覚に吸い込まれる人の多いこと。

行き場のないもやもやが下手を甘受させる残念な現象ですが、どうしてそうなるのかと、解決するにはどうすべきかを時代的な背景を交え解説してみましょう。


1970年、トーナメントプロになりたくてゴルフを始めた私、当時は特別な知識も無くただ打感を追及するだけの感覚的な練習に一喜一憂していました。

整合性や健康への配慮は等閑(なおざり)なため、やる程に身体への負担は増すばかりで、このお粗末感は周りの研修生(アシスタントプロ)も大同小異。

先輩の助言が頼りで、自分よりできる人の言う事は何でも採り入れ、それを確かめる練習に数か月もかける効率の悪さ。

そんな時代に登場したアメリカン打法。

これは、明確な言葉で詳細に動作を表現した衝撃的なもの。

真摯に上達を目指す人たちは興味津々でしたが、いざ採用してみると辛い動作になる悩ましさがあったのです。

言葉明確なれど意味不明といったところでしょうか?

とはいえ当時の知識では疑う事など出来るはずもなく、理解不足が不具合の原因であるとし、憧れのアメリカンを鵜呑みにした人は多かったようです。


その頃から半世紀以上が経過した今。

主導権を握ったその打法が醸(かも)したものはというと・・・

「ゴルフは難しい」です。

今ではこの概念に因り「難しいから出来ないのは当然」との大義名分で下手を甘受する数多の皆様。

しかしこれは本来の姿ではなく、一昔前の主役が実はとんでもない役不なのが露呈したに過ぎません。

幼い頃に憧れた正義の人は、実は悪者だったとの大どんでん返し。

これはとても良いことで、漸く大手を振って駄目を駄目と叫べます。

とはいえ、これがすぐに改められるかというと容易くはないでしょう。

何故ならば、一旦定着したものは何であれ賛否両論が交錯するのは常。

議論は更なる議論を呼び無駄な論戦を繰り広げるだけで、結局は何も変えられずに現状維持が妥当とされ、望ましい変化を受け入れない風潮があるからです。

駄目打法を頑なに支持する烏合の衆は、啓蒙できないばかりか「無知の知」という賢人の教えにも耳を傾けない分からず屋と化しているので、そんな大衆に惑わされずにさっさと刷新するほうが賢明です。


TRTの「身体にやさしい最進打法」は全ての矛盾を論理的に解決しています。

これは上手で奇麗でらくちんの理想スイングが叶う優れものです。

しかし、これが簡単に身に着くかというとそうでもありません。

言うに事欠いてますが心配はご無用。

幾ら頑張っても駄目だった昔乍らのものとは違い、正しく練習すれば動作の辛さは無いので、多少時間はかかるとしても確実に体得できるからです。

有りそうで無かったスイングの負担軽減を最優先する打法、これは心身を健全に保てる比類なきもの。

少し勇気を出して切り替えるだけで、長年のもやもやはスッキリと晴れ、ゴルフ本来の醍醐味が満喫出来ます。

これで下手とはおさらばじゃあ 〜

お後が宜しい様で・・謝々