TOKYO GINZA  SINCE 1 9 9 4
T R T GOLF SCHOOL
Think of  Real Theory Golf  School


代表講師のご紹介


T R T  ゴ ル フ ス ク ー ル
校   長  内  田 瑞  夫
M I Z U O U C H I D A


公益社団法人
日本プロゴルフ協会
(会員No.00146)

トーナメントプロ
ティーチングプロ A 級

コ メ ン ト
〜 刷新 〜

ゴルフはひとたび始まるとかなりの確率で虜になってしまう魅力的なスポーツです。

面白いので少しでも上手になりたくて皆さん練習に励みます。

しかし、頑張っても頑張っても駄目で途方に暮れることもしばしば。

幾らやっても出来なければさぞかし落ち込むだろうと思いきや「楽しめれば下手のままでも構わない」との拗(ねじ)けた感覚に吸い込まれる人の多いこと。

行き場のないもやもやが下手を甘受させる残念な現象ですが、なぜそうなってしまうのかと、それを解決するために何をすべきかを提案しますので、どうか参考にされゴルフ本来の面白さをを満喫して下さい。


1970年、トーナメントプロになりたくてゴルフを始めた私ですが、当時は特別な知識も無くただ打感を追及するだけの感覚的な練習に一喜一憂していました。

整合性や身体への配慮は等閑なので故障とは隣合せなため、頑張ると辛くなる練習にずいぶんと悩まされたものです。

この状況は苦楽を共にした周りの研修生達も大差は有りませんでした。

先輩の助言が頼りで、自分よりできる人の言う事は何でも採り入れ、それを確かめるために練習に明け暮れる。

そんな時代に登場したアメリカン打法。

明確な言葉で動作を表現したものはお初でしたが、いざやろうとしても思うようにならない悩ましさ。

それでも当時の知識では疑う事など出来るはずもなく、むしろアメリカンに憧れ多くの方に支持されました。


あれから半世紀。

主導権を握ったその打法が醸(かも)したものは何だったのか?

それは「ゴルフは難しい」でした。

今ではゴルフとはそういうものであるとの概念に席巻されています。

しかしこれは本来の姿ではなく、選択肢の無い時代に採用された打法の役不足が露呈したにすぎません。

見切り発車した昔乍らの打法は駄目だったと教えているのです。

長い時間を無駄に過ごしたことになりますが、頑張った末に「ゴルフは難しい」との結論に到達すものに正義は無いので別のものに切り替えましょう。

しかし、それは出来ない。

何故か?

一旦定着してしまうと、たとえ何であれ賛否両論が交錯するのは常。

議論は更なる議論を呼び無駄な論戦を繰り広げるだけで、結局は何も変えられずに現状維持というお決まり。

駄目打法を支持する烏合の衆を啓蒙できないまま「無知の知」という賢人の言葉が空しく響くだけなら、そんな分らず屋に付き合わずに刷新しましょう。


身体にやさしい最進打法にお任せ下さい。

これなら上手で奇麗でらくちんの理想スイングはお手の物。

今までに無い確かなものですが、だからと言って簡単に身に着く訳ではありません。

言うに事欠いてますが心配はご無用。

やってもやっても出来なかった昔乍らのものとの違いは歴然なので。

動作に矛盾の無い画期的な打法は上手との架け橋になります。

少し勇気を出して切り替えれば、長年のもやもやはスッキリと晴れ、ゴルフ本来の醍醐味が満喫できるでしょう。

案ずるよりやるが易い! です。