TOKYO GINZA  SINCE 1 9 9 4
T R T GOLF SCHOOL
Think of  Real Theory Golf  School


代表講師のご紹介


T R T  ゴ ル フ ス ク ー ル
校   長  内  田 瑞  夫
M I Z U O U C H I D A

公益社団法人
日本プロゴルフ協会
(会員No.00146)

トーナメントプロ
ティーチングプロ A 級
コ メ ン ト
〜 刷新 〜
ゴルフはひとたび始まるとその面白さに魅了されます。

そうなると少しでも上達したいのに、これが思うようになりません。

頑張っても頑張っても上手にはなれず途方に暮れる事もしばしば。

となれば、さぞかし落ち込んでいるのかと思いきや、下手だって楽しいから良しとするいやはや何ともな選択。

行き場のないもやもやが出来ないを甘受させたのでしょうか?

とは言え、放置できない状況なので何とかしましょう。


プロになるためにゴルフを始めた私。

特別な知識も無く打感を追及するだけの感覚的な練習に一喜一憂していた1970年。

整合性や身体への配慮は等閑で、行動を共にした周りの研修生も五十歩百歩。

偶然でしか上手くなれないそんな時代に彗星の如く登場したものがあります。

アメリカン打法です。

この打法は、明確な言葉で動作を解説しているのに、いざやろうとしても体が反応しない悩ましい代物でした。

矛盾を感じても当時の知識ではそれを立証することは出来ません。

多くは藁をも掴みたい心境なので、この斬新さを支持する人が続出。

そうして瞬く間に拡散。


あれから半世紀。

主導権を握ったその打法が醸し出したものは「ゴルフは難しい」 との概念でした。

現在では多くの方がそう感じ、それがゴルフだとの認識でいます。

この結果は、今迄の打法では駄目であることを教えているのではないでしょうか?

愛好者の大半を下手に貶めるようでは残念なものと言わざるを得ません。

この事態は早急の改善が必要です。

けれどもそれは叶わない。

何故か?

一旦定着してしまうと、たとえ何であれ賛否両論が交錯するのは常。

議論は更なる議論を呼び無駄な論戦を繰り広げるだけで、結局は何も変えられずに現状維持というお決まり。

駄目打法を支持する烏合の衆を啓蒙することは誰にもできず、「無知の知」という賢人の言葉は空しく響くだけ。

これは刷新するしか手立てはありません。


身体にやさしい最進打法にお任せ下さい。

これなら上手で奇麗でらくちんの理想スイングはお手の物。

今までに無い確かなものですが、だからと言って簡単に身に着く訳ではありません。

言うに事欠いてますが心配はご無用。

やってもやっても出来なかった昔乍らのものとの違いは歴然なので。

動作に矛盾の無い画期的な打法は上手との架け橋になります。

少し勇気を出して切り替えれば、長年のもやもやはスッキリと晴れ、ゴルフ本来の醍醐味が満喫できるでしょう。

案ずるよりやるが易い! です。